木曜日, 6月 13, 2024

西アフリカのユニコーンスタートアップ|高評価額の企業3社(フィンテック、人材、モバイルマネー)

アフリカの新興企業は、世界中の投資家から注目を集めています。フィンテックから農業まで、さまざまな分野の新興企業は経済成長を促進し、社会が直面する重大な課題の解決に取り組んでいます。その中には、成長を遂げ大きな利益を生み出し、評価額が10億ドルを超え、名誉ある「ユニコーン」の地位を獲得した企業も出てきています。今回は、そうした急成長中のアフリカで評価額が高い新興企業3社をお伝えします。

ナイジェリアのフィンテックの雄「Flutterwave」

2016年にIyinoluwa Aboyeji氏、Olugbenga Agboola氏、Adeleke Adekoya氏によって設立され、サンフランシスコとナイジェリアに本社を置くFlutterwaveは、アフリカの人々がアフリカ域内外での送金と着金を可能にする、クロスボーダーペイメントのプラットフォームをはじめとして、中小企業向けのネットショップ構築サービスなどを提供しています。

この新興企業は、アフリカをリードするフィンテック企業としての地位を固めています。
Flutterwave は、2024年時点でナイジェリア、ガーナ、その他8つのアフリカ市場で決済サービスを提供しています。
総額4億7400万ドルのエクイティ資金*を誇るFlutterwaveの最新シリーズDラウンドは、アベニール・グロース・キャピタルとBキャピタル・グループが主導し、12ヶ月で評価額は3倍になりました。2021年3月のユニコーンラウンドで90億ドル超に相当する1億4,000万件の取引を達成して以来、現在では160億ドル超に相当する2億件の取引がプラットフォーム上で行われています。

これは、アフリカのデジタル経済において極めて重要な役割を担っていることを裏付けているのではないでしょうか。さらに、Cinetpayへの240万ドルの出資やDishaの買収を含むFlutterwaveの戦略的投資と買収から、今後の事業拡大にも目が離せません。

*企業が特定の第三者を出資者として発行した新株を引き受ける権利を与え、その権利の対価として出資を得ることで資金調達を行う

アフリカの優秀なテック人材の発掘や育成の先駆けとなった「Andela」

Iyinoluwa Aboyeji氏とJeremy Johnson氏を含む起業家によって2014年に設立されたAndelaは、新興市場における人材獲得に革命をもたらしました。市場評価額20億ドルを誇るAndelaは、アフリカのエンジニア人材と世界中の企業を結びつけ、世界的な技術スキルのギャップを埋めています。

Andelaは当初、アフリカ特にナイジェリアの人材をエンジニアとして育成し、ソフトウェア開発等のアウトソーシングを行っていました。

その後、Andelaは、技術スキル評価プラットフォーム「クオリファイド」を買収し、職業紹介サービスを改善。2021年9月のシリーズEラウンドで、アフリカの技術ポテンシャルを解き放つというミッションを掲げ、投資家の信頼を獲得しました。

世界5大陸で展開するグローバル・タレント・ネットワークとして、Andelaのインパクトはアフリカを超え、デジタル時代に活躍する個人や組織の成長に一翼を担っています。

アフリカをリードするモバイルマネーのプラットフォーム「Wave」

Wave は米国とセネガルを拠点とするモバイル・マネー・プロバイダーで、送金を希望するユーザーに対して、口座開設、入金、請求書支払い、引き出しのサービスコストを安く提供しています。
2018年にDrew Durbin氏とLincoln Quirk氏によって共同設立されたこのスタートアップは、アフリカをリードするモバイルマネーのプラットフォームとして頭角を現しています。
Waveの決済インフラは、貯蓄、送金、借入などの金融ソリューションも提供しており、アフリカ大陸全域のユーザーの多様なニーズに対応しています。

2021年、Waveの評価額は10億ドルを超え、米国を牽引するベンチャーキャピタルY-combinatorのトップ企業リストに名を連ねました。
現在の市場評価額は17億ドルで、事業を開始して以来、Waveは3億150万ドルの株式資金を調達しています。

現在ではセネガルの成人人口の大半が毎月ウェーブを利用しており、セネガル最大のモバイル・マネー・プロバイダーとなりました。
Googleプレイストアでのダウンロード数は1,000万を超え、Waveのユーザーフレンドリーなインターフェースと低手数料へのコミットメントは、持続的な成長と影響力をもたらしています。

最後に

ここに挙げた新興企業は、アフリカの未来を形作る画期的なベンチャーのほんの一部であり、環境は常に大きく変化しています。

上記のような最近のアフリカのビジネス環境や調査にご興味をお持ちであれば、「マーケットリサーチサービス」をぜひご利用ください。
ケニア・タンザニアを中心としたオンラインアンケートやグループインタビュー、現地の店頭訪問など、アフリカビジネス進出を後押しする市場調査サービスを実施しております。

その他、アフリカの企業や個人にリーチする「バナー広告サービス」、商品や物資の輸送には「海外輸送サービス(ポチロジ)」など、ビィ・フォアードではお客様のニーズに合わせてアフリカへのビジネス進出をサポートしております。ご相談は随時、無料で受け付けております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

青木 文
青木 文
ナイジェリア在住。ナイジェリアでSaaS事業の立ち上げ後、現在はフィンテック関連企業の事業開発に従事。

最新記事

<< PR >>spot_img
<< PR >>spot_img