土曜日, 9月 23, 2023

アフリカサステナブルツーリズム | アフリカの最新観光事情にせまる!

アフリカ各国への旅行は日本の中ではまだまだ普及していませんが、アフリカには美しい景色と多様な野生動物、豊かな文化があります。素晴らしい自然やユニークな文化体験が楽しめ、観光業はアフリカ諸国にとって大事な産業です。しかし、最近の観光ブームで、環境保護と文化保存に向けての課題も浮上してきています。そのため、アフリカの国々はその対応として持続可能な観光を促進するために、様々な取り組みを行おうとしています。今回は、アフリカのサステナブルツーリズムについてご紹介します!

観光業が与えるアフリカの環境と文化への影響

観光はアフリカ諸国に経済的なメリットをもたらします。観光業の発展により、雇用も増えて、外貨も入り、インフラも整備されます。しかし、昨今の急成長で、環境と地域の文化にも相当な負担がかかっています。海岸地域の過剰開発、森林伐採、野生動物の密猟など、伝統的な暮らしを壊すような観光活動が増えてきてしまっています。こうした活動は、自然破壊や文化遺産にダメージを与えてしまいます。

例えば、タンザニアのセレンゲティ国立公園やボツワナのオカバンゴ・デルタなど、アフリカで人気のある観光地も、観光客の増加と大切な生態系の保護のバランスを考えないといけません。無計画な観光で野生動物の移動パターンが乱れたり、生息地が壊れたり、水資源が減ると、長期的に観光客の減少につながる可能性があります。

また、大規模な観光が伝統文化にも影響を及ぼしています。観光業が発達すると、地元の伝統や地域の文化が商品化されてしまいます。そうすると、地域のユニークな魅力が薄れてしまうことがあります。

アフリカでの持続可能な観光の推進

これらの課題に対して、アフリカ諸国の観光業界は、持続可能な観光の取り組みに注目しています。環境保護だけでなく、旅行者の体験の満足度を向上させ、長期にわたる経済的な利益を確保するための観光の促進が重要視されています。ここでは、その一例をご紹介します。

エコフレンドリーなリゾートとロッジ:
まず、持続可能な観光の重要な要素のひとつは、エコフレンドリーな宿泊施設の促進です。アフリカの多くの国々は、再生可能エネルギーを使ったり、廃棄物の管理を徹底したりする環境に配慮したリゾートやロッジに投資しています。こうした宿泊施設は自然環境に調和しながら、豊かな自然を楽しめる体験を提供しています。

例えば、南アフリカのGrootbos Private Nature Reserveは、持続可能な観光への取り組みが国際的に認知されています。このエコロッジは高級な宿泊施設を提供しながら、地域のフィンボスという貴重な植生地域や海洋生物の保護活動をサポートしています。

地域を活用した観光プロジェクト:
また、地域を活用した観光プロジェクトもあります。地元のコミュニティが観光産業に積極的に参加し、その利益を共有できるようにしています。地元住民を意思決定に巻き込んで、観光活動からの収益が直接地域の利益につながるようにして、地域の誇りと所有感を育むことを目的としています。

例えば、ケニアのマサイ・マラ保護区は、地域を活用した観光の成功例のひとつです。この保護区では、マサイ族のコミュニティが自らの土地を持続可能に管理しつつ、観光客に伝統的な踊りや工芸、暮らしの知恵を体験させています。

最後に

アフリカの持続可能な観光は、未来の世代のために自然と文化遺産を守るカギを握っています。エコフレンドリーな宿泊施設の促進や地域を活用したプロジェクト、野生生物の保護などを進めることで、アフリカの国々は発展と持続のバランスを実現しようとしています。しかし、このような取り組みを継続するためには、政府や観光業界、旅行者自身のコミットメントが欠かせません。

以上のようなアフリカの最新情報、リサーチにご興味のある方は、お気軽にお問合せください!

青木 文
青木 文
ナイジェリア在住。ナイジェリアでSaaS事業の立ち上げ後、現在はフィンテック関連企業の事業開発に従事。

最新記事

<< PR >>spot_img
<< PR >>spot_img